本文へスキップ

防音工事・ピアノ防音を安く確実に

電話でのお問い合わせはTEL.048-878-4445

防音3要素

防音対策に必要な3要素

防音工事を考える上では、下記の三つの要素を含めて考えていくことが大事になります。

1)遮音材
 防音工事を考える場合、基本的に床・壁・天井の六面体を遮音していかなければなりません。一部分の壁を遮音しない場合、その部分から本体の建物へ伝わってしまいます。せっかく、ほかの部分を遮音してもその効果は得られません。また、六面体の遮音性能にtきましては、基本的に同等とする必要があります。


2)吸音材
 
吸音材とは、基本的に音の性質・響き等を変えていくものですが、吸音材を含めることによって音を減衰させていくことができます。遮音材との複合により遮音効果をさらに高める使用方法がお勧めとなります。


3)振動音の対策
 
音には、空気を伝わっていく、空気伝播音と、建物等を振動していく、固体伝音の2種類があります。特に、固体伝播音に関しましては、空気伝播音よりも、防音対策が難しく、床・壁の振動対策においては、防音の性能を左右させるものになってまいります。 特に、打楽器、ピアノ等の音は、床振動音となり、近隣に振動音となり伝わってまいります。そのため、防音工事の一番の要と申してもよろしい以下と存じます。

上記のような、防音対策を施して、初めて防音工事対策を施したことになるかと存じます。音楽は、単音だけではなく、さまざまな音を含んでいる場合が多く、そのために、上記の三要素を十分に検討、考慮されたうえで防音工事をされることが望まれます。経験の十分な施工業者様をお選びになって、ご検討いただくことをお勧めいたします


このページのスマートホンページ


information

音響システムエンジニアリング

〒336-0976
埼玉県さいたま市緑区寺山846-2
TEL.048-878-4445
FAX.048-878-7211

mail info@onkyo-se.com
東京営業所
TEL03-3983-1684

建設業許可番号
知事 般-17第028825号

スマ−トホンサイト

防音工事を初めてお考えの方へ

防音業者の選び方について

防音工事のよくある質問

新古防音室情報
防音工事・防音室プラン例
お申込みから完成までの流れ
防音ドア・吸音材
ローンお支払例
会社実績
会社案内

防音アラカルト
知っておきたいこと
住宅の音の弱点
暮らしと騒音
すき間と透過損失
暮らしの騒音と応急対策
音のエピソード
音の大きさ
騒音レベル
防音の三要素
音の強さと大きさ
防音工事の間違いと錯覚
遮音壁
大気圧と音圧
音ってなに
音は振動で
サイト案内

プライバシーポリシーについて

お問合せフォーム

メールはこちらから

防音工事のプランナー
弊社は、防音工事をてがけて35年の実績を培ってまいりました。35年の実績と弊社の独自の防音の工法と技術をぜひご検討ください。

https://www.facebook.com/onkyo.system.engineering
Facebookページは
こちらからどうぞ