本文へスキップ

ピアノ防音工事を安く確実に

電話でのお問い合わせはTEL.048-878-4445

ピアノ防音工事

ピアノ防音工事 住宅防音工事システム40タイプ


ピアノ防音工事に最適!
低価格・高性能防音工事のご提案!「住宅防音工事システム40タイプ」
防振構造に優れた完全2重工法でピアノに適した音楽室をご提案します。

住宅の防音工事対策は、その家の構造・間取りなどの条件からなかなか思うようにいかないものです。弊社の住宅防音工事システムは、どのようなお部屋にも内側から防音工事を施すことが可能で、建物本体とはほとんど触れることがないため空気伝播音はもとより、固体伝播音の対策に優れた効果を発揮する完全2重工法の防音工事システムです。ピアノ防音室はもちろんことサックス等の管楽器、バイオリン等の弦楽器等各種楽器練習室として幅広くご使用頂いております。オーダーメイド工法ですので組立タイプとも違いお部屋の無駄が出ません。
お客様の目的・御要望に合わせた最適なプランをご提案させていただきます。

ピアノ防音工事

床・壁・天井ともに2重構造工法で出来ている防音工事です。サッシも既存のサッシの内側に防音サッシを取り付けて2重サッシにしてあります。仕上がりは、普通の洋間と同じです。以前と比べて違和感がありません。ピアノ防音工事を施しても普通のお部屋としてご使用できます。

防音サッシを入れて2つの部屋にして防音室を作りました。

大きな部屋を、内接防音サッシを使って2つの部屋にして1部屋にピアノ防音工事をしました。今までのように家族に気を使わずにピアノを楽しむことが出来るようになりました。お部屋の環境・雰囲気が一変しました。とのお言葉を頂きました。防音工事をすることで、お部屋も、また新しいお部屋の雰囲気になりました。

防音工事をする際、戸ふすまで仕切られて別々だった部屋を、防音サッシで仕切ることで開放感を得ることが出来ました。

防音工事施工前は、戸ふすまで仕切られていて閉鎖的だった2つの部屋が間仕切りに防音サッシを2重に使ったことで一層の開放感を得られました。ピアノレッスンのときも待っている生徒さんが見えて安心です。とのお言葉を頂きました。

ピアノ防音工事をする際、リビングルームを大きな防音サッシで仕切りました。

リビングルームを大きな防音サッシで間仕切って、ピアノ室と居間とに分けました。大きなサッシを使ったことによってゆとりのある音楽空間が得られました。防音工事のご計画とともに新しいお部屋の使い方も検討されてはいかがでしょうか。

ピアノ防音工事のおかげで、一人のゆとりある空間と時間が得られました。

ピアノ防音防音工事をする前は、近隣に音がいっていて近隣の方に気兼ねをして音楽に集中することが出来ませんでした。今では、近隣の方に気兼ねをすることもなくピアノに集中することが出来ます。家の中でも、一人のゆとりある空間となりました。



住宅防音工事システムのグレードアップシリーズが
6帖間 160万円~で実現でるようになりました。


防音工事システムのピアノ防音工事が6帖間 160万円からの価格でご提供出来るようになりました。弊社の防音工事システムの開発により、ご提供価格を以前よりさらにお安くご提供できるようになりました。お部屋に合わせた安心設計で押入れ、物入れ等も思いのままに作ることが出来ます。ぜひ、お見積もりをお命じ下さい。




上記は、500Hzでご説明させていただいております。
工事完了後に、計測器にてご確認をしていただきます。

お問合せフォーム

グレモンハンドル

防音ドアのハンドルは、音楽スタジオ仕様の本格本締まりハンドルを使用しています。このしっかりとした重量感をご体験ください。音楽スタジオのハンドルをそのままご家庭の防音室にも使用しています。

防音ドア

厚さ65mmの本格防音ドアを採用させていただきました。本格グレモンハンドルによってしっかりとロックされます。もちろん、FIXマドも取り付けられます。木目調ドアへの変更・各種色の変更もできます。

「ピアノ防音工事の完全2重工法とは」

防音工事における完全2重工法とは、まず床を浮き床工法(ピアノ等の振動音を既存の床に伝えない工法)で防音浮き床を作り、その上に防音壁・防音天井を作っていく工法です。防音壁・天井と既存の建物の壁・天井との間には空気層を作り、直接触れないように製作します。音は、空気を伝わっていく空気伝播音と建物を振るわして振動として伝わっていく固体伝播音の2種類があります。この2種類の音に対する対策を考えなければ十分な防音対策とはなりません。そのため、高価な防音建材を床・壁・天井に貼っていくだけの工法では効果は不十分ということになります。この点に関しましては、防音工事には大変重要な点になります。ピアノ等の音量の大きい楽器には固体伝播音対策は欠かせません。ですので、経験豊富な防音工事専門会社をお勧めいたします。

お問合せフォーム


information

音響システムエンジニアリング

〒336-0976
埼玉県さいたま市緑区寺山846-2
TEL.048-878-4445
FAX.048-878-7211

mail info@onkyo-se.com
東京営業所
TEL03-3983-1684

建設業許可番号
知事 般-17第028825号

スマ-トホンサイト

防音工事を初めてお考えの方へ

防音業者の選び方について

防音工事のよくある質問

新古防音室情報
防音工事・防音室プラン例
お申込みから完成までの流れ
防音ドア・吸音材
ローンお支払例
会社実績
会社案内

防音アラカルト
知っておきたいこと
住宅の音の弱点
暮らしと騒音
すき間と透過損失
暮らしの騒音と応急対策
音のエピソード
音の大きさ
騒音レベル
防音の三要素
音の強さと大きさ
防音工事の間違いと錯覚
遮音壁
大気圧と音圧
音ってなに
音は振動で
サイト案内

プライバシーポリシーについて

お問合せフォーム

メールはこちらから

防音工事のプランナー
弊社は、防音工事をてがけて35年の実績を培ってまいりました。35年の実績と弊社の独自の防音の工法と技術をぜひご検討ください。

https://www.facebook.com/onkyo.system.engineering
Facebookページは
こちらからどうぞ