本文へスキップ

防音工事・ピアノ防音のことなら

TEL. 048-878-4445

〒336-0976 埼玉県さいたま市緑区寺山846-2

防音工事・防音室HOME>防音工事の間違いと錯覚

防音工事の間違いと錯覚



1)遮音性能を決めるのは、何?
 
音の遮音性のを高めるのによく思いがちなのは、厚さを厚くするといいのではないかとの錯覚です。
 遮音力を決めるのは、基本的に厚さではなくその材質と施工構造によるものが多くなります。そのた
 め、厚さだけではなく、その材質の密度・重さによるものが多くなります。


2)吸音材を貼れば、音は小さくなる?
 
よくお問い合わせにありますのが、吸音材をお部屋に施せば音は小さくなるのではないか とのお問
い合わせです。 基本的に、吸音材は、遮音材ではありません。基本的に、音の響きを変えるもので、
遮音材とは、異なります。吸音材を遮音材として、単体で用いることはありませんが遮音材と組あわせ
て使用することによって効果をえることが望ましいと思います。


3)ゴム等は、遮音材によいのでは?
 
ゴム等を壁・床等に張っての防音工事をおこなえばどうでしょうかとのお問い合わせもいただきます。
確かに、密度の高いゴム等は、比較的よい遮音材にもなります。しかし、重さとその施工難度等により、
厚さによっては、防音工事には不向きかと存じます。他の材料との組み合わせ、厚さ・重さ等を考慮し
て用いることは可能になるかと存じます。


以上のように、防音工事においては、さまざまな材料を複合利用することによって、防音施工されること
をお勧めするとともに、効果が現れてまいるかと存じます。すべてにおきまして、多くの経験と実績を持っ
ている防音工事会社をご検討頂ければと思います。




                      

バナースペース

音響システムエンジニアリング

〒336-0976
埼玉県さいたま市緑区寺山846-2

TEL 048-878-4445
FAX 048-878-7211
mail info@onkyo-se.com
東京営業所
TEL03-3983-1684

建設業許可番号
知事 般-17第028825号

防音工事を初めてお考えの方へ

新古防音室情報
防音工事・防音室プラン例
お申込みから完成までの流れ
防音ドア・吸音材
ローンお支払例
会社実績
会社案内
防音工事よくある質問

防音アラカルト
知っておきたいこと
住宅の音の弱点
暮らしと騒音
すき間と透過損失
暮らしの騒音と応急対策
音のエピソード
音の大きさ
騒音レベル
防音の三要素
音の強さと大きさ
防音工事の間違いと錯覚
遮音壁
大気圧と音圧
音ってなに
音は振動で
サイト案内

メールでのお問い合わせ
info@onkyo-se.com

防音工事のプランナー
弊社は、防音工事をてがけて35年の実績を培ってまいりました。35年の実績と弊社独自の工法と技術をぜひご検討ください。