本文へスキップ

防音工事・ピアノ防音を安く確実に

電話でのお問い合わせはTEL.048-878-4445

防音工事で知っておきたいこと

防音工事の基本知識

まず、知っておいて頂きたいことは、音には固体伝搬音と空気伝搬音の2種類の音があるということです。この2種類の音に対しての対策を考えて、はじめて、対策が出来るということです。ここでは、難しいことは、省いて簡単にご説明申し上げます。


空気伝搬音

 一口に言って空気中を伝わっていく音です。楽器等を演奏した場合発生した音エネルギーが空気中を伝わり壁などにあたった時、その壁を振動させ隣家へと伝わっていきます。このとき、大きな音を発生させればさせるほど解りやすいのですが(低音域は特に)その壁を振動させます。その振動が固体伝搬へと変化し多くの場合(特にマンション等、構造体がつながっている場合)苦情の元となります。


固体伝搬音
簡単にいって、直接構造体に衝撃を与えることによって壁の反対側等に伝わる音です。ドア、サッシ等を勢いよく閉めたり、床等に物を落としたりして発生します。特に、固体伝搬の場合、構造体を伝わり隣家だけでなくかなりの範囲に影響を及ぼす場合があります。空気伝搬のところでも申し上げたように、空気伝搬音が固体伝搬音へと変わり、音を伝えることは、多くありますので特に注意したいとところです。


遮音性能
遮音とは、音を遮ると書きますが音源から出た音がその遮蔽物を通過した場合に失う音量のことです。たとえば、ピアノを95dBの音で演奏した場合、−35dBの防音壁を通過した場合ピアノの音は60dBとなります。通常、人間の会話する音量は、55〜60dBと言われています。ですから、ピアノ室の場合、通常-35dBのタイプが多く用いられ、ピアノの音を通常会話程度の音量にします。 よく、「防音性能の表示が各社違う場合が多いが、実際体験してみるとあまり変わらない気がするのですが?」とのご質問があります。防音性能表示につきましては、各社いろいろな計測の仕方があるのかもしれませんが、まちまちなのがホントノヨウデス、性能表示だけでは製品を決めるのではなく、しっかりと納得のいくまで説明を聞くか、出来れば一度体験してみることをお勧めします。当社の場合、性能表示が低めに設定されていますが、常に確実な表示をさせていただいております。昨今性能表示が大きな数字で表している業者さんもいるようですが確実にそのとおりの性能があることをお確かめいただくこをお勧めいたします。

このページのスマートホンページ



information

音響システムエンジニアリング

〒336-0976
埼玉県さいたま市緑区寺山846-2
TEL.048-878-4445
FAX.048-878-7211

mail info@onkyo-se.com
東京営業所
TEL03-3983-1684

建設業許可番号
知事 般-17第028825号

スマ−トホンサイト

防音工事を初めてお考えの方へ

防音業者の選び方について

防音工事のよくある質問

新古防音室情報
防音工事・防音室プラン例
お申込みから完成までの流れ
防音ドア・吸音材
ローンお支払例
会社実績
会社案内

防音アラカルト
知っておきたいこと
住宅の音の弱点
暮らしと騒音
すき間と透過損失
暮らしの騒音と応急対策
音のエピソード
音の大きさ
騒音レベル
防音の三要素
音の強さと大きさ
防音工事の間違いと錯覚
遮音壁
大気圧と音圧
音ってなに
音は振動で
サイト案内

プライバシーポリシーについて

お問合せフォーム

メールはこちらから

防音工事のプランナー
弊社は、防音工事をてがけて35年の実績を培ってまいりました。35年の実績と弊社の独自の防音の工法と技術をぜひご検討ください。

https://www.facebook.com/onkyo.system.engineering
Facebookページは
こちらからどうぞ